itamisuginoko

通所支援事業所「ゆうゆう」

通所支援事業所「ゆうゆう」は、多機能型事業所(通所)として、生活介護と就労継続支援B型の事業を展開しています。

「ゆうゆう」では、18歳以上の知的障がいをもつ方々が、各家庭やグループホーム、入所施設などから通って来られ、グループ(班)に分かれ、クッキーやハーブ石鹸などの自主製品の製造・販売をはじめ、受注作業や企業内作業などにも取り組んでいます。

その他にも喫茶店の経営、創作活動といった多様な日中活動の機会を作り、利用者それぞれのニーズに合わせた支援を行っています。 一人ひとりに合わせた作業環境とかかわりを通して、作業と生活にやりがいと意欲をもてるような支援を心がけています。 また、地域の方とともにイベントを企画開催するなど、地域やボランティアの方々との交流も大切にしています。

「ゆうゆう」の支援方針

●働く喜びを実感し 社会参加のステップにします
●様々な体験を通して 生活の豊かさを広げます
●地域に根ざし 地域とともに育つ事業所をめざします

【クッキー班】

『ゆうゆうお菓子職人』たちが力を合わせて、 おいしいお菓子作りに励んでいます。
ゆうゆうクッキーは100%バターを使用。良質な材料を使用し、お子様から年輩の皆様まで安心してお召し上がりいただける1品です。お客さまからの「おいしかったよ!」の一言に、やりがいを感じつつ作業に取り組む毎日です。

ゆうゆうクッキー

【ハーブ班】

ハーブ石鹸の製造販売・ふくぞうくん(不織布エコ雑巾)の加工販売と箱折りなどの受注作業を行っています。
ハーブ石鹸は現在4種類あります。ハーブの煮出しから始まり、一つひとつ手作りで仕上げていきます。お客様のリピート率も高く、「使ったら良かったからまた買いにきました」のことばに励まされながら、日々作業をがんばっています。

ゆうゆうハーブ石鹸

 

【スマイル班】

受注作業(容器のキャップ閉めなど)とともに創作・調理などの活動も行っています。
創作活動では様々な作品展にも出品し、それぞれが楽しみとやりがいをもって活動に取り組んでいます。また、敷地内の花壇の手入れなども行い、多くの方から「きれいになったね。ありがとう」と声をかけられることにも喜びを感じながら作業を行っています。

ゆうゆう創作活動

 

【紙工班】

主な作業として段ボール製パレット(フォークリフトで物品を運ぶための荷役台)のパーツの生産に携わっています。板状の段ボールを切り目に沿ってばらし、ばらした物を組み立てる工程の中でそれぞれの利用者の方が得意とする役割を担い、商品を仕上げていきます。大量の発注がきた時ほど、やる気満々の皆さんです。

【企業班】

家具の製造工場の一角で作業を行っています。主に家具に使用するネジや小物の袋詰め等の作業を行います。工場内でフォークリフトも行き交う現場での作業とあって、日々安全面には細心の注意を払っています。また、他の工員の方々と一緒に作業を行いながら、『働いている』ということを実感できる作業場です。

【さくら班】

チラシやダイレクトメールの封入・宛名貼りなどの受注作業を主に行っています。全員で集中して作業に取り組み、日替わりで作業内容が変わることが多い中、納期までに仕上げることができるように日々がんばっています。

ゆうゆう折込作業


いたみ杉の子