itamisuginoko

法人概要

社会福祉法人 いたみ杉の子
障害者地域生活サポートセンター
〒664-0006 兵庫県伊丹市鴻池1-10-15
TEL:072(777)7486

FAX:072(777)7446
Email:s-center@itamisuginoko.or.jp

01.法人理念

誰もが人としてその尊厳が保たれ、安心し、豊かな活動や暮らしを保障していくことを
目指します。

02.法人の(事業)目的 ー法人理念の実現に向けてー

障がいをかかえる当事者の人権が尊重され、豊かなくらしを保障していくという理念を

実現していくために次の支援を展開します。

  1. 当事者の思いや願いに寄り添い、その人の障がい状況、特性のみならず
    健康状態や生活経験・環境などを理解して一人ひとりに合わせた支援に取り組みます。
  2. 良き支援者(集団)の育成に向け、社会人、福祉従業者として規律を守り、必要な社会性や
    人権思想、福祉思想を互に育て合える職員集団形成(法人の風土作り)を目指します。
  3. 障がいのある人の「地域の中で自分らしく暮らす」を支えます。
  4. 「共に生き、支え合う」地域づくりを進めます。

03.「いたみ杉の子」事業の柱

①一人ひとりの発達や特性に合わせた多様な支援

  • 入所施設やケアホーム(グループホーム)などの生活支援
  • 多様な形態の日中活動(作業主体、作業とレクリエーション、就職へ向けたグループ)
  • 外出や余暇支援、社会的な力を広げていく
  • 施設オンブズマン、成年後見申立などの人権擁護
  • 家族への支援

②医師、心理士、理学療法士、言語聴覚士、TEACCHコンサルタントなどの専門家

との連携と職員のスキルアップ

③相談支援と調整機能(コーディネート)の強化

④地区社協や地区助けあいセンター、スポーツクラブ21など地域団体との連携した住みよい町づくりへの取り組み

⑤市役所、社会福祉協議会、手をつなぐ育成会等の障がい者同体、地域福祉団体と共に、研修会など共同開催したり、自立支援協議会などに参画し政策提案などを進めます。

04.「いたみ杉の子」の定款及び役員等

定款 ⇒ 平成29年度 定款

役員 ⇒ 第12期役員等名簿 (平成29年6月~平成31年6月)

役員報酬 ⇒ 役員報酬規程(2018.4)

05.「社会福祉法人いたみ杉の子」の事業及び財務状況報告

平成24年度財務状況

平成25年度財務状況

平成26度財務状況

平成27年度財務状況

平成28年度財務状況

平成29年度事業報告

平成29年度財務状況

 

06.「社会福祉法人いたみ杉の子」の現況報告

※福祉医療機構(WAM-NET)のホームページに記載

07.「社会福祉法人いたみ杉の子」の沿革

経年 年度 主要
0 1996年度 法人設立
0 1997年度 通所授産施設「ゆうゆう」開設
4 2001年度 障害者(児)地域療育等支援事業
6 2003年度 居宅介護事業所「ヘルプゆう」開設 ※現在、休止中
8 2005年度 タイムケア事業を受託 ※現在、日中一時支援事業
10 2007年度 入所支援施設「ライフゆう」を開設

通所事業所「フォーゆう」を開設

グループホーム事業部門「ウォークゆう」を設置

グループホーム「ホーム杉の子」を開設

11 2008年度 グループホーム「ホームりんく」を開設

グループホーム「すてっぷ」を開設

12 2009年度 第1期マスタープラン(21年度~23年度)を策定

グループホーム「さにぃ」を開設

グループホーム「じゃんぷ」を開設

13 2010年度 阪神北障害者就労・生活支援センター開設(県委託)
15 2012年度 法人キャラクターを公募し、決定

通所事業所「ゆうゆう」の新作業棟を開設

グループホーム「すきっぷ」を開設

16 2013年度 放課後等デイサービス「シーズゆう」を開設

相談支援事業所「ウィズゆう」を独立移転

通所事業所「フォーゆう」の作業棟をリニューアル

※災害時障害者避難所を兼務

第2期マスタープラン(26年度~28年度)

17 2014年度 「放課後等デイサービス事業者連絡会」を発足
18 2015年度 通所事業所「ジョブリンクゆう」を開設
19 2016年度 法人組織内に「発達支援連携室」を設置

放課後等デイサービス事業所「シーズゆう2nd」を開設

20 2017年度 新理事長の就任

法人設立20周年記念事業を実施

21 2018年度 第3期中期計画(29年度~31年度)

社会福祉法人制度改正に基づく定款・役員等の全面変更

22 2019年度 通所事業所「ホープゆう」を開設

 


いたみ杉の子