itamisuginoko

「緊急事態宣言」継続における法人の対応について

2020/05/08 ブログ by itamisuginoko

 このたびの政府の「緊急事態宣言」の継続(5月31日まで)を受けての本法人においては、県・市の対応方針並びに諸官庁からの通知に従って次の対応します。

1.事業(障害福祉サービス)の継続
 本法人が実施している各事業所は、全て事業を継続実施します
  〇通所事業所:ゆうゆう、フォーゆう、ホープゆう、ジョブリンクゆう
  〇入所事業所:ライフゆう、ウォークゆう(グループホーム)
  〇相談事業所:ウィズゆう、リーフゆう
  〇放課後等デイサービス等事業所:シーズゆう
  〇その他:阪神北障害者就業・生活支援センター、法人事務局
2.利用者への利用自粛の要請
 家族等の支援が得られるなど居宅等で過ごすことが可能な方については、利用者の意向を確認のうえ、利用の自粛協力を求めます。なお、利用自粛される利用者においても電話や訪問等により健康管理や相談支援等を行います。
3.感染防止の取組み
 法人においては、3月2日より「警戒体制」を実施し、諸官庁からの指示を基本により「利用者間や外部との接触の機会を極力防ぐ」取組み行っています。今後も発生リスクを抑えながら感染防止に努めていきます。

<対応(取組み)の期限>
 上記の対応(取組み)については、政府の「緊急事態宣言」発令中とします。今後、同宣言の解除や一部変更された場合は、諸官庁の通知により変更するものとします。
 


タグ: 

コメントは受け付けていません。


いたみ杉の子