itamisuginoko

「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」を受けての「いたみ杉の子」の対応について

2020/04/10 ブログ by itamisuginoko

 去る2020年4月7日の政府の「緊急事態宣言」が兵庫県を含む7都道府県に発令されたことを受け、本法人においては、兵庫県並びに伊丹市が発出した対応方針にそって次のとおり対応しますことをお知らせします。

1.法人が実施する障害福祉サービスは感染の予防に留意するとともに利用者やその家族の生活を維持する観点から原則として、従来どおり実施します

2.ただし、集団感染発生のリスク軽減の観点から、利用者に対しては、家族等の支援が得られるなど、居宅等で過ごすことが可能な方については、当該利用者の意向を十分に確認にうえ、利用者の自粛の協力を求めます。

3.サービス提供に当たっては、集団感染発生のリスクの高い、いわゆる「三つの密(換気の悪い「密閉空間」、多数の集まる「密集場所」、間近で会話や発声をする「密接場面」)」に充分留意し、感染防止対策に努めます。

4.職員の感染拡大の防止、子どもを持つ職員の就労環境を整備するため、一部「在宅勤務」や「訪問勤務」制度を臨時的に導入します。

5.すでに実施している法人各事業所における「警戒体制」は引き続き実施し、関係者以外の事業所への立ち入り禁止や部屋や送迎車の定期的な換気、消毒等を実施していきます。


タグ: 

コメントは受け付けていません。


いたみ杉の子